読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超初心者のAndroidアプリ開発ノート

専業主婦、プログラミング経験0からのスタート!本とGoogleに頼って勉強中。分からないこと、調べたことを載せていきます。

大きな本屋の重要性

アプリの構想を練っているうちに、新しい本が、欲しくなった。

Amazonで買えるけれどやっぱり手にとって確かめたい!!

ところがまたしても問題が。。

android studio で書かれている入門書が少ない。。。いいなーと思うものは全部eclipse のもの。
「何を今さら言ってるの?」と突っ込まれそう。そもそも、アプリの勉強をはじめたとき、何がスタンダードなツールか知らず、薦められるがままに素直にAndroidstudio で始めてしまった。
当初、まだAndroidstudioは1.0がリリースされてなかったので、参考書が少ないのは仕方がない。ても、1.0が出たからもうたくさん置いてあるだろうと思ったにもかかわらず、入門書は圧倒的に少ない。まだまだスタンダードじゃないんだなー。というか、大丈夫かな??と不安さえ沸きました。

ネットである程度流行は追えるけれど、やっぱり時々大きい本屋に行くのは大切ですね。
刺激になるし、自分に足りないものが、より明らかになります。同じ一時間でも得られる情報量には雲泥の差があるように感じました。
逆に、IT関連本と図書館って相性悪いですねー。古いIT本ほど使えないものはないっ!そんな本が平気で置いてあります。

とまあそんなことを思いながら充実した本屋での時間を過ごしました。
で、
結局eclipse で書かれているのを買いました。操作手順の違いはあっても書くコードは同じだろうから。そんな器用なこと私にできるかな???まずはやってみよう!